2018年度 アクエアリーズ主催
1年で日本文化を英語で説明でき名所をガイドできるようになる

2020年の東京オリンピック開催が決定して以来、京都ではプロ・ボランティアの通訳案内士のニーズがどんどん高まっています。そこでアクエアリーズは、そういったニーズに応えるべく、通訳案内士試験に合格し、プロ・セミプロの通訳案内士として活躍できるように、4月から1年間に渡って、「京都・奈良・大阪観光ガイド 現地トレーニング(10回)」を行います。

講師は、日本の神社仏閣に造詣の深い、神道・仏教研究家の近畿大学教授をはじめ、ガイド歴60年のベテランでユーモア研究家の森本隆先生、『ゼロからスタートEnglish』トップ記事連載中で20冊近い日本文化紹介本のベストセラー作家である上田トシアーナ先生、茶道・華道の師範で京都芸大日本画専攻であり、『日本の観光名所関西編』『通訳案内士試験直前対策』の著者である小室先生、京都の幕末英語ガイドとして活躍中の『日本の観光名所関西編』の著者である幕末志士姫ことミッチー里中先生、そして「英悟の超人」Ichay Uedaの豪華キャスト6名です。

それでは皆さん、名所観光と講師や他の受講者との交流をエンジョイしながら、日本文化事象を英語で楽に発信できて名所を英語でガイドできるように、1年でスキルを習得していきましょう!

Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)

植田一三(Ichay Ueda)

特長

  1. 講師陣が全員、全国的に有名な日本文化英語紹介の達人やベテランガイド。
  2. 専門的知識を習得する「座学」と名所での実地トレーニングの2段構えで1年間を通じてプロの通訳案内士を養成(外国人のきつい質問に答えるトレーニングを含む)
  3. 観光名所英語案内力と体験型ツアー英語案内力を同時にUPさせる実践ガイド養成プログラム(スライド・映像・実演を組み合わせたエジュテイニングな講座)
  4. 受講料が格安(年会員は2ヶ所の拝観料(1000~1200円)込みで1回参加費4千円(7時間研修)や、祇園ナイトツアー入場料3150円と2ヶ所の拝観料込で4千円(7時間研修)
    *ベテランのガイドに1日同行研修できます。

京都・奈良・大阪観光ガイド 現地トレーニング 研修内容

第1回
2018218(日)

講義

プロの通訳案内士養成年間プログラムの説明


(講師:田中達也)
第2回
2018318(日)

京都現地研修

10時-12時:座学(京都校)
13時-17時:現地研修

将軍&天皇ツアー

江戸幕府の始まりと終焉の場所である「二条城」と大鳥居で有名な「平安神宮」での現地研修
(講師:近畿大学教授)
第3回
2018429(日)

奈良現地研修

集合:近鉄奈良駅噴水前
10時-17時

大仏&阿修羅ツアー

世界遺産である「東大寺」と阿修羅像や五重塔で名高い「興福寺」と「春日大社」での現地研修
(講師:近畿大学教授)
第4回
2018527(日)

京都現地研修

10時-12時(座学:京都校)
13時-17時(現地研修)

禅文化ツアー

京都で最も人気が高い夢窓国師開山の「金閣寺」と石庭の「竜安寺」での現地研修
(講師:近畿大学教授)
第5回
2018617(日)

大阪現地研修

10時-17時

大阪歴史ツアー

難攻不落の「大阪城」と聖徳太子建立の「四天王寺」での現地研修
(講師:森本隆&大阪城ボランティアガイド)
第6回
2018715(日)

京都現地研修

16時-17時(座学)
17時-20時(現地研修)

祇園祭ツアー

祇園祭発祥の地、「神泉苑」と「紫織庵」で研修後、祇園祭宵山での現地研修
(講師:森本隆)
第7回
2018819(日)

京都現地研修

13時-17時(嵐山・天龍寺)
18時-19時(ナイトツアー)

昼間は嵐山、夜は「祇園ナイトツアー」

昼間は嵐山の天龍寺とオルゴール館での研修後、夜は祇園のナイトスポットで、京舞、華道、茶道、琴、雅楽、狂言、文楽の実演を英語の解説付きで鑑賞
(講師:森本隆)
第8回
2018917(月)(祝)

京都現地研修

10時-12時(座学)
13時-17時(現地研修)

黄金の仏像ツアー

千一体の黄金の仏像が圧巻の「三十三間堂」と清水の舞台で有名な「清水寺」での現地研修
(講師:近畿大学教授)
第9回
20181014(日)

京都現地研修

10時-12時(座学)
13時-17時(現地研修)

京都ランドマークツアー

京都のランドマーク五重塔を擁する「東寺」、京都五山の1つで紅葉の名所「東福寺」での現地研修
(講師:近畿大学教授)
第10回
20181111(日)

京都現地研修

集合:10時JR稲荷駅
10時-12時(伏見稲荷)
13時-16時30分(平等院)

神道&極楽浄土ツアー

千本鳥居で有名な外国人人気No.1の神社「伏見稲荷」と、藤原氏が極楽浄土として建てた「平等院」での現地トレーニング
(講師:近畿大学教授)
第11回
2018129(日)

伊勢・鳥羽現地研修

集合:現地集合 10時-17時

神社の頂点伊勢神宮ツアー

神社の頂点を極める「伊勢神宮」と真珠のプロセスが見られる「鳥羽パールアイランド」での現地研修。
(講師:森本隆)
受講料 ビジター参加:1回 5,000
会員:1回 4,000

*会員ですと毎回 5,0004,000でご参加いただけます。


イヤホン代 800
拝観料(2か所で平均1,200)無料


年間会員 入会費 5,000(一度入会されますと毎年有効です)

年間会員にお申込みの方には
新刊 外国人がいちばん知りたい和食のお作法 を謹呈!
講座や教材に関するお申込み・お問合せなどはお電話フリーダイヤル、またはメールフォームをご利用ください。

通話料無料フリーダイヤル 0120-858-994(えいごはここよ)

受付時間:10:00~21:00(年末年始・お盆以外)

お問合せ・お申込みメールフォーム 24時間ご利用可能です。

■講師の簡単な紹介

森本隆 プロフィール

ベテラン通訳案内士

第1回実用英語検定1級試験、通訳ガイド試験に合格し、通訳ガイドとして40年以上活躍していると言うベテラン中のベテランガイド。更にフランス語(仏語検定2級取得)、スペイン語(西語検定2級取得)を駆使する正真正銘のマルチリンガル。ユーモアとフランス語、スペイン語を繰って外国人とすぐに仲良くなる達人、独自のガイド術、おもてなし法を持つ。

上田 敏子(ウエダ トシアーナ)

アクエアリーズ英検1級・通訳案内士・工業英検1級講座講師。バーミンガム大学院修了,日本最高峰資格「工業英検1級」「国連英検特A」優秀賞取得。

鋭い異文化洞察と芸術的鑑識眼を備えた英語教育界のワンダーウーマン。主な著書は『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』,『英語で説明する日本の文化シリーズ』で,季刊誌『ゼロからスタートEnglish』にて「ボランティア通訳ガイド入門」を連載中。

インストラクターからのメッセージ

私とアクエアリーズの出会いは,今から15年前。当時の私は英検1級B落ち、1級語彙もさっぱりの「まっさらの状態」でした。しかし、メンターのIchay学長や熱心なクラスメートに刺激を受け、7年間で英検1級、通訳案内士、国連英検特A、TOEIC満点、工業英検1級と様々な難関英語資格に合格することができました。その間、くじけそうになったこともありましたが、仲間や先輩や講師の激励とサポートによって、学長のモットーである “Let’s enjoy the process!” を実践することができました。その後、英検1級、通訳案内士、工業英検1級などの高度な対策講座を担当するチャンスに恵まれましたが、今度は、自分と同じように諦めそうになった人を励まして目標を達成する一助となれれば、この上ない幸せです。私はアクエアリーズの英検1級をはじめ各クラスの指導が本当に好きです。人生で何よりも楽しく、心からやりがいを感じています。この刺激的でやりがいのあるクラスで、皆さんと一緒に勉強し,スキルをUPさせ、さらに研鑽を積んでいくことは、人生の究極の目的であり喜びです!

小室 葉子 プロフィール

知性と教養溢れる、日本文化に精通した海外経験豊富なコスモポリタンで、欧米諸国、ブラジル、ペルー、中国、ベトナム、タヒチ、ニューカレドニア、タイなどで国際親善や通訳・翻訳業務に2年間携わる。

京都市立芸術大学美術学部で日本画を学び、茶道・華道師範という日本文化に精通したアーチスト。慶応大学経済学部を優等で卒業し、国際情勢にも明るいクロスカルチャルコミューニケーター。主な著書は『通訳案内士試験英語1次・2次直前対策』。英検1級・通訳案内士国家資格・観光英検1級取得。

インストラクターからのメッセージ

みなさんにとって、憧れの英検1級合格は目標ですか?それとも目的への通過点でしょうか。夢や希望を叶えるため、「目標」や「目的」をしっかり見据えることは、非常に大事なことです。でも、目標と目的は違います。目標とは、何かに行き着くために、またそこから外れないように目印とするものであり、目的は到達したい状態として意図し、行動を方向づけるものです。ですから、英検1級合格を目標としている人と、目的への通過点としている人では、おのずから勉強方法も違ってくるはずです。英検1級合格が目標であれば、なんとか合格点をクリアできるよう、回り道をしないで効率的に勉強するやり方もあるでしょう。でも、アクエアリーズの門を叩かれる生徒さんたちは、英検1級合格は単なる目的への通過点と考え、もっと上を目指して勉強に励んでおられる方がほとんどです。だからこそ、上質で難解なTIMEの記事読解や、負荷をかけたリスニングにも黙々と取り組んでおられるのです。そんな生徒さんを応援し、また、講師の側もインスパイアされながら、ともに高みを目指していきたいと考えています。

植田 一三(Ichay Ueda)

英語の最高峰資格8冠突破&英語教育書ライター養成校アクエアリーズ学長。
英語の百科事典を読破し、辞書数十冊を制覇し、洋画100本以上の全せりふをディクテーションするという英悟の超人(amortal philosophartist)。
ノースウェスタン大学院コミュニケーション学部修了後、テキサス大学博士課程に留学し、同大学で異文化間コミュニケーションを1年間指導。
Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)をモットーに、33年間の指導歴において、英検1級合格者を1860人以上、資格3冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC980点)突破者を300名以上育てる。

28年以上の著述歴で出版した英語学習図書60冊以上(総計150万部突破[海外翻訳含む])の10冊以上はアジア数か国で翻訳されている。

ミッチー里中(サマンサ)

アクエアリーズ英検1級講師。 ビジネス会議通訳者。 LAで7年間、ビジネス通訳・翻訳業務に携わる。

大手企業でのTOEIC講座やビジネス英語指導経験も豊富で、歴史文化財の英文翻訳にも携わる。 主な著書に『発信型英語類語使い分けマップ』(ベレ出版) 、『21日で速習!社内公用語の英語の重要表現600』(明日香出版)などがある。

インストラクターからのメッセージ

「英検1級合格」を目指して英語の勉強に励んでらっしゃる皆さん。 英検1級対策勉強は大変苦しいかもしれませんが、その代わり、その学習を通して英語力は飛躍的にアップします。 いまだに世間では「英検1級など、ネイティブでも理解できない単語ばかりで、あれを勉強しても仕方がない」のように言う人がいるようですが、それはとんでもない話です。 実際、私はロサンゼルスに居た頃、生活の様々な場面で「1級語彙」に触れる機会が多くあり、感動の連続でした。 例えばドラッグストアで、「メイべリンのマスカラ」のパッケージに、 “colossal volume”(まつげ盛り盛りアップ!)が使われていたり、「アニメSouth Park」(シンプソンズに並ぶ国民的なアニメ)では、言うことを聞かない息子に父親が “You're such an incorrigible kid!” (しょうがないやつ!)のような単語がごく普通に使われていたりして、ハイレベルな語彙力は非常に有益だと痛感しました。 私が担当する1級クラスでは、英単語を覚えやすいように、実際に自分が経験したエピソードも交えたボキャビルレクチャーを行っています。 皆さんも、クラスの仲間たちと一緒に励まし合いながら共に英語学習の道を歩んで行きましょう!

他、近畿大学教授