英検1級突破対策書ベストセラーを20冊以上出版し
英検1級指導歴33年間で1800名以上の合格者を輩出した
英悟の超人Ichay Ueda(植田一三)による集中セミナー アクエアリーズによる集中セミナー

エッセイライテイング添削付き&語彙フラッシュカード進呈!

セミナーの3大特長

  • 1.語彙・ライティング・読解・リスニング問題すべてのスコアUPのための攻略法と最短距離スキルUPの極意を解説(各セクションのスコアとスキルUPのために効果的なマテやソースも紹介)
  • 2.受験者のエッセイを用いて、エッセイライティング問題攻略法を解説すると同時に、希望者はエッセイを全員添削&評価
  • 3.受講者全員に、英検1級語彙を一気に身につけるIchay Ueda制作の「英検1級合格必須語彙フラッシュカード&CD」\1,600を無料進呈

セミナー案内

東京新宿校

日時 201627(日)
13:00~17:00
要予約
場所 アクエアリーズ東京新宿校詳しく 詳しい情報
受講料 4,000(税別)
講師 Ichay Ueda(植田一三)

大阪心斎橋校

日時 201626(土)
13:00~17:00
要予約
場所 アクエアリーズ大阪心斎橋校詳しく 詳しい情報
受講料 5,000(税別)
講師 上田敏子

横浜校

日時 2016213(土)
13:00~17:00
要予約
場所 アクエアリーズ横浜校詳しく 詳しい情報
受講料 4,000(税別)
講師 Ichay Ueda(植田一三)

植田 一三(Ichay Ueda)

年齢・ジェンダー・国籍を超える英悟の超人(amortal philosophartist)。次代をリードする英語の最高峰資格8冠突破・英才教育&英語教育書ライター養成校「アクエアリーズ」学長。

英語の勉強を通して、キャリアUP、自己実現、社会貢献を目指す「英悟道」精神、Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)をモットーに、38年間の指導歴で、英検1級合格者を約2,500名、英語資格5冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC980点・国連英検特A級・工業英検1級)突破者を125名以上育てる。

日本で15年間、英語道を極めた後、39歳にノースウェスタン大学院修士課程、テキサス大学博士課程コミュニケーション学部に留学して視野を広げ、人間力を鍛え、同大学で異文化コミュニケーション学を指導。

著書は、英語・中国語・韓国語・日本語学習書と多岐に渡って100冊を超え、その多くはアジア5か国で翻訳されている。

上田 敏子(ウエダ トシアーナ)

アクエアリーズ英検1級・国連英検特A級・通訳案内士・工業英検1級講座講師。
バーミンガム大学院修了(優秀賞)後、ケンブリッジ大学で国際関係論コース修了。
日本最高峰資格・国連英検特A級、工業英検1級(文部科学大臣賞)の他、英検1級、TEP Test1級、観光英検1級(優秀賞)、TOEIC満点、通訳案内士国家資格取得。

鋭い異文化洞察と芸術的鑑識眼を備え、英語教育を通して人類の未来を切り開く英語教育界のワンダーウーマン。主な著書に『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』(ベレ出版)、『英検ライティング大特訓シリーズ』(アスク出版)、『英検面接大特訓シリーズ』(Jリサーチ出版)、『英語で説明する日本の文化シリーズ』(語研)がある。

インストラクターからのメッセージ

私とアクエアリーズの出会いは,今から15年前。当時の私は英検1級B落ち、1級語彙もさっぱりの「まっさらの状態」でした。しかし、メンターのIchay学長や熱心なクラスメートに刺激を受け、7年間で英検1級、通訳案内士、国連英検特A、TOEIC満点、工業英検1級と様々な難関英語資格に合格することができました。その間、くじけそうになったこともありましたが、仲間や先輩や講師の激励とサポートによって、学長のモットーである “Let’s enjoy the process!” を実践することができました。その後、英検1級、通訳案内士、工業英検1級などの高度な対策講座を担当するチャンスに恵まれましたが、今度は、自分と同じように諦めそうになった人を励まして目標を達成する一助となれれば、この上ない幸せです。私はアクエアリーズの英検1級をはじめ各クラスの指導が本当に好きです。人生で何よりも楽しく、心からやりがいを感じています。この刺激的でやりがいのあるクラスで、皆さんと一緒に勉強し,スキルをUPさせ、さらに研鑽を積んでいくことは、人生の究極の目的であり喜びです!

アクエアリーズへのお問い合わせ・お申し込み

講座や教材に関するお問合せなどはメールにて受け付けています。

お電話でのお問い合わせは 月・木・金曜 12:00~17:00
通話料無料フリーダイヤル0120-858-994(えいごはここよ)
(応答できない場合は、留守電メッセージを確認してCall Backさせていただきます)