2019年度(2019年10月実施) 英検1級問題分析&攻略法 英検1級問題分析&攻略法(2019年10月実施問題)

英検1級合格を目指して精進されている皆さん、お元気ですか?Ichay Uedaです。2019年10月の英検は、問題全体的には普通レベルです。語彙問題は普通レベルで、読解問題は難し目で、リスニング問題は普通レベルで、エッセイライティング問題は「宇宙の開発の価値」という過去に出題されたので、対策勉強をしている人にとっては楽勝の問題であったと言えます。

今回は時間の取られる読解問題が多かったので、語彙力が高く、コロケーションの知識で瞬速で語彙問題を解いて、エッセイは今までに書いて添削を受け、レパートリーの1つなので豪速で書け、余った10分ぐらいをリスニング問題予測に避けることができた人は非常に有利です。2次試験がレベルUPした新傾向の英検1級対策として、1次試験対策講座で、毎週3トピックのエッセイライティングと2次試験同時対策トレーニングを行い始めたアクエアリーズでは、合格者が続出していますが、今回の合格者の特徴を分析すると、やはり語彙力が高く、エッセイで満点や高得点をゲットした人が圧倒的に有利となっています。

こちらのコンテンツの続きをご覧になるためにはアクセスパスワードが必要です。

アクセスパスワードをご希望の方は、メールフォームからお申込みください。

スタッフが確認後、メールにてアクセスに必要なパスワードを返送させていただきます。

パスワードお申込みメールフォーム

イッチー植田学長によります語彙、読解、ライティング、リスニングのそれぞれのジャンルにわたって懇切丁寧で、まるでレッスンを受けているようなまさに攻略法です。

語彙はその単語が何回出題されているか、覚えやすいようにコロケーションまで発表されています。

読解に関してはwords & phrases も掲載され、何故間違ったか、トリックなどが解説され英検問題を解くカギが出ています。

エッセイライティングは賛成と反対の場合の両サイドからの書き方が丁寧に解説され、まるでレッスンを受けているかのようです。

リスニングはそれぞれのパートを攻略するストラテジーが発表されています。

無料ですから大いにご利用していただき、さらなるステップUPにお役にたてれば幸いでございます。

英検1級合格を目指す方へ!合格関連書籍

植田 一三(Ichay Ueda)

英語の最高峰資格8冠突破&英語教育書ライター養成校アクエアリーズ学長。
英語の百科事典を読破し、辞書数十冊を制覇し、洋画100本以上の全せりふをディクテーションするという英悟の超人(amortal philosophartist)。
ノースウェスタン大学院コミュニケーション学部修了後、テキサス大学博士課程に留学し、同大学で異文化間コミュニケーションを1年間指導。
Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)をモットーに、33年間の指導歴において、英検1級合格者を1860人以上、資格3冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC980点)突破者を300名以上育てる。

28年以上の著述歴で出版した英語学習図書60冊以上(総計150万部突破[海外翻訳含む])の10冊以上はアジア数か国で翻訳されている。