日本人についての質問に論理的に答える
発信型英語トレーニング

英検1級・通訳案内士対策に効果的!論理的発信力UPトレーニングの必読書!

日本人についての質問に論理的に答える 発信型英語トレーニング
著者 植田 一三(著)
上田 敏子(著)
中坂 あき子(著)
柏本 左智(著)
定価1,900 + 税
出版ベレ出版
ISBNISBN-10: 4860645251
ISBN-13: 978-4860645250
発売日2017-10-06

2017年10月06日発売

Amazon.co.jpで購入可能

Amazon.co.jpからご購入いただけます。

世界のグローバル化に伴い、世界の英語人口は急増し、今や全人口の4人に一人が、実用的に英語を使って仕事や生活をするようになりました。しかし、こういった現状にもかかわらず、日本で英語を実用的に使える人の数は、全人口の2%しかいないと言われています。さらに、日本人のTOEFL(海外大学認定基準テスト)のスコアは、ライティング、スピーキングにおいて、アジア主要国の中で最下位となっています。また、英検やIELTSを始めとする、その他の英語検定試験において、読解やリスニング問題はこなせても、スピーキングやライティング問題に四苦八苦している受験者がほとんどですが、これは、日本人の言語コミュニケーション力と密接に関連する「クリティカルシンキング力(論理的にアイデアを構築したり問題を解決する力)が低いことが最大の原因です。

ところが、質問に対する答えとして、理由を2つ重複しないで書き、しかもその理由に対するサポートの文を述べることは、一般の日本人には非常にチャレンジングです。事実、外国人との交流が少ない島国に育ち、従来型の英語教育を受けた日本人の学生と英語教師には非常に違和感のある大きな試練と言えます。しかし、グローバル化、ボーダーレス化が進む中、異文化圏の人々と表面的な英会話だけでなく、ビジネス、文化を始めとする様々な話題について、英語で論理明快にコミュニケーションができるようになることは不可欠です。こういった現状の中で、日本人の論理的英語発信力をUPさせるために制作された本書の3大特長は次のとおりです。

1.日本に関するジェンダー・家庭・結婚、対人コミュニケーション、行動心理、経済・ビジネス、教育、宗教・歴史など様々な分野に関する外国人の質問に対して、解答のアーギュメント評価を行い、「論理的スピーキング力UPのコツ」を解説すると同時に、「アーギュメントの極意」を記し、それによって、英語で論理明快かつinformativeな答えができるようになるための、スキルUPトレーニングを行う。
2.各トピックに関して、英語の発信力をUPする上で極めて重要な、面白くてためになる「国際比較」と「異文化理解」のための情報(異文化理解度クイズつき)を満載している。
3.各質問の解答とその「関連情報」および「国際比較で異文化理解度UP」に関して、そのキーワードや重要表現(英語表現力ワンランクUPフレーズ)に英訳を載せることによって、英語発信力UPを図る。

お陰様で、高度な英語学習書として大ヒットとなった英語の論理的発信力UPシリーズの第1弾『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』は、世界で論争となっている社会問題のディベート力を身につける書でしたが、第2弾『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』は、様々な社会問題トピックについて、英語で発信するためのジェネラルな背景知識とキーアイデア集・表現集を記した書で、この第3弾は、オリンピック開催に伴って高まる日本文化事象への関心に応えるべく、Q&Aとアーギュメント評価・アドバイスによって、論理的英語発信力をUPさせるユニークな内容の指南書となっています。

それでは皆さん、明日に向かって、論理的スピーキング力UPの道を

Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)

CONTENTS

  • CHAPTER 1 論理的スピーキングの極意はこれだ!
  • CHAPTER 2 論理的スピーキングQ&Aトレーニング 文化
  • CHAPTER 3 論理的スピーキングQ&Aトレーニング ジェンダー・結婚・家庭
  • CHAPTER 4 論理的スピーキングQ&Aトレーニング 対人コミュニケーション
  • CHAPTER 5 論理的スピーキングQ&Aトレーニング 日本人の行動心理
  • CHAPTER 6 論理的スピーキングQ&Aトレーニング 経済・ビジネス・政治
  • CHAPTER 7 論理的スピーキングQ&Aトレーニング 教育
  • CHAPTER 8 論理的スピーキングQ&Aトレーニング 宗教・歴史
  • CHAPTER 9 論理的スピーキングQ&Aトレーニング

CONTENTS例

  • Q&A トレーニング1(日本でなぜ離婚率が上昇しているのですか。)
    →・説明が反復しないように注意する!
  • Q&A トレーニング7(なぜ子育てで休暇を取る日本人男性がほとんどいないのですか。)
    →・論理の飛躍をしない!
  • Q&A トレーニング4 (なぜ日本人は本当に意図していることと違うことを言うのですか。「本音」と「建て前」とは何ですか。)
    →・強い理由(strong case)といい例証を述べる!
  • Q&A トレーニング5(なぜ日本人はあまり自己主張をしないのですか。)
    →・まず質問の答えを述べてからサポートを続ける!
  • Q&A トレーニング10(なぜ多くの日本人は話の最初に結論を述べないのですか。)
    →・断定を避けアーギュメントを強くする! 
    →・質問の有効性(validity)を検証せよ!
  • Q&A トレーニング1(なぜ今の日本にはフリーターが多いのですか。)
    →・manyやmostをつけて断定を避ける!
  • Q&A トレーニング4(なぜ日本人は長期休暇を取らないのですか。)
    →・時制に注意して正しい情報を伝えよ!
  • Q&A トレーニング6(なぜ日本では会議での意思決定が遅いのですか。)
    →・歴史的背景を述べて説得力を持たせる!
  • Q&A トレーニング14(なぜ日本人は移民の受け入れに消極的なのですか。)
    →・矛盾する理由を同時に挙げない!
  • Q&A トレーニング15(日本にスラム街はあるのですか。)
    →・言葉の定義をよく考えてから質問に答える!
  • Q&A トレーニング1(なぜ日本人には引きこもりが多いのですか。)
    →・論理の飛躍をしない!
  • Q&A トレーニング2(日本のほとんどの高校はなぜアルバイト禁止していますか。)
    →・助動詞や副詞を用いて断定を避ける!
  • Q&A トレーニング3(なぜ日本では受験競争がこんなに厳しいのですか。)
    →・根本原因を述べてアーギュメントを強くする!
  • Q&A トレーニング4(なぜ日本人はあんまりボランティア活動をしないのですか。)
    →・ポイントを述べる時は「類語反復」にならないようにする!
その他 Aquaries 関連の書籍はこちらから!