アクエアリーズとは

Aquaries概要 英語(悟)道十訓 最強の講師陣 7大特長 人生哲学 研究論文 Aquaries校歌 プライバシーポリシー

アクエアリーズ3大部門

Aquaries School of Communication[ASC]は、1984年1月発足の育研究機関で、コミュニケーション教育・研究とその出版活動、および翻訳・通訳案内業務の3部門から成ります。本部は大阪で、支部は東京、横浜、京都、名古屋、奈良、姫路である。

教育部門では、英語のプロ・達人養成と英才教育を行い、発足以来35年間で、英検1級対策指導を35年、準1級対策指導を29年、TOEFL対策指導を20年以上、TOEIC対策指導を20年以上、通訳案内士対策指導18年、工業英検1級対策指導16年、国連英検特A対策指導10年以上行っている。そして、小中高校生の合格者や優秀賞・優良賞受賞者60 名以上を含め、2000人以上の英検1級合格者を輩出し、資格3冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC 980点)突破者を300名以上、TOEIC満点990点突破者を50名以上、資格5冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC 980点・国連英検特A・工業英検1級)突破者を100名以上育てている。さらに、ハーバード大学、スタンフォード大学、プリンストン大学、コロンビア大学、UCバークレー、ロンドン大学、リーズ大学、バーミンガム大学などをはじめとする英米一流大学(院)合格者を、英米トップスクール奨学金付(1000万~3000万円)合格者を数10名を含めて300名以上育てている。

出版部門では、過去35年間に独自の教材を100以上開発し、30年間以上で出版した100冊以上(総計150万部突破)の出版物うち、ベストセラー60冊以上の中の15冊以上は、中国、韓国などを始めとするアジア5カ国以上で翻訳されている。その分野は、英検(25冊)、TOEIC(10冊)、TOEFL(5冊)、通訳案内士・日本文化(30冊)、ボキャブラリー・イディオム(15冊)、英文法(4冊)、背景知識・教養(6冊)、スピーキング[デベート]&ライティング(10冊)、中国語・韓国語(5冊)と様々な分野に渡っている。出版や教材製作に心血を注ぐアクエアリーズの研究開発スタッフが生み出した、各種語学教育ソフトは、そのクオリティーの高さから、国内外の熱心な英語学習者から絶大な支持を得ており、アメリカ、イギリス、ドイツ、スイス、ベルギー、中国、韓国、台湾、シンガポール、ブラジルなど世界各国から申し込みがある。

翻訳業務に関しては、実務翻訳歴30年以上のベテランやアルクの翻訳コンテストの優勝・入賞者や翻訳本を多数出版したスタッフによるハイクオリティーな日英翻訳には定評がある。そして、シャープのコンピューター翻訳(英日)ソフト開発、BBI Combination Dictionary全訳、電話の会話自動翻訳ソフト開発を始めとし、シロトピアやニューヨークアートなどのイベントやツアーパンフレットの日英翻訳、考古学センター資料、市の災害対策資料、JICAの資料などの公文書の日英翻訳の他、企業のパンフレットや商品カタログの日英・英日翻訳、契約書、学会論文英日・日英翻訳など、様々な分野の翻訳業務に携わっている。また、通訳業務に関しては、通訳案内士養成プログラムによってプロ通訳案内士を養成し、旅行会社との提携や独自のネットワークの両方を通じて観光通訳や企業向け通訳業務を行っている。

なお1995年開設のホームページは、アクセス件数が1日に3万件を突破したこともあり、「英語道十訓」を始めとする、有益で啓発的な情報を提供している。中でもネットマガジンによる英語資格検定対策情報、様々なイベントや講座・セミナーの案内、色々な英語学習者の声、英語学習図書情報など多岐に渡るエデュテイニングな情報を満載している。

今後の抱負

今後は、日本事象辞典、類語辞典、口語表現辞典など様々な辞典を出版し、あらゆる分野の英語学習書を制作し、ケンブリッジ大学、ロンドン大学、オクスフォード大学、ハーバード大学、シドニー大学など欧米の高等教育機関でリサーチをしながら、日本文化や英語学習書の洋書を出版し、最強のボキャブラリー検定を全国的に普及し、オンライン講座をさらに充実させ、Aquaries Broadcasting Stationを通して、日本文化の発信やエデュテイニングな英語学習番組を提供していくつもりです。

Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る!)

President 植田一三(Ichay Ueda)