アクエアリーズとは

Aquaries概要 英語(悟)道十訓 最強の講師陣 7大特長 人生哲学 研究論文 Aquaries校歌 プライバシーポリシー

最強の講師陣

講師 植田 一三"Eigo"の「超人」プロフィール
Ichy(Ingenious, Charitable, Hilarious Yogi) Ueda(Ultra-Edutaining & Dynamic Artist)

英語のプロ・達人養成教育学校、Aquaries School of Communication学長。英語の百科事典を10回以上読破し、辞書数十冊を暗記し、洋画100本以上の全せりふをディクテーションするという「超人的」努力を果たす。ノースウェスタン大学コミュニケーション学部修士課程修了後、テキサス大学スピーチコミュニケーション学部博士課程に留学し、同大学学部生に異文化間コミュニケーションを1年間、パブリックスピーキング、ラップミュージックコミュニケーション、ビジュアルコミュニケーションをそれぞれ半年間指導。 テキサス大学スピーチコミュニケーション学部博士課程応募の論文はTOP10に選ばれる。

Let’s enjoy the process!(陽は必ず昇る!)をモットーに、過去27年間の 教歴 において、通信教育受講者を含めて英検1級合格者を1200人以上、英検1級優秀賞受賞者を20名以上、資格3冠突破者を150名以上、TOEIC満点990点突破者を30名以上、その他アルク翻訳コンクール優勝者や、ハーバード大学、プリンストン大学、UCバークレー、ロンドン大学などを始めとする英米トップの大学院合格者を60名以上育てる。また各地での 講演活動 や、日英米の大学院の英語教育学、言語学、翻訳学の 論文指導 も行っている。過去25年間に数多くの文献を 翻訳 し、また執筆活動では独自の英語学習教材を100冊以上開発し、全国出版した ベストセラー30冊のうち7冊は中国、韓国、台湾、マカオ、シンガポールなどアジア5カ国以上で翻訳されている。主な著書に「これ1冊で日本のことが何でも話せる英語で説明する日本の文化」 語研,「発信型英語10000語レベルスーパーボキャブラリービルデイング」,「日本の地理・歴史の知識と英語を身につける」,「発信型英語スーパーレベルリーデイング」,「発信型英語スーパーレベルライティング」,「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング」,「発信型英語スーパーレベル英文法」(以上ベレ出版) 「英語スピーキングスキルアップBOOK」, 「TOEIC TESTこれ1冊で860点突破」,「コンピューター版TOEFL TESTライティング完全攻略」,「英検1級直前合格対策」(以上明日香出版)」等がある。

会長 木澤 晴美 プロフィール

アクエアリーズ COO[最高業務責任者]&ASCエジュケーショナルカウンセラー。

1984年創業の立役者であり、以来 Ichay Uedaのパートナー&メンターとしてアクエアリーズを発展向上させてきた、事実上の最高責任者。エアプレインチケットが女性オフィスワーカーの1年分のサラリーに相当する時代に米国に1年間留学し、その後イーオンに英会話講師として10年勤めると同時に、インターンシップとして1年間、米国ワシントン州都のシアトルの高校、中学、小学校で日本語、日本文化を指導し、またインド、ネパール研究のために半年間滞在するという異文化間コミュニケーションの草分け的存在でもある。そして何よりも、Ichay Uedaの座右の銘である”Let’s enjoy the process!”に「陽は必ず昇る!」という深遠なる意味のこもった和訳をつけた、perseverance(愛)とpassion(情熱)のavatar(化身)である。

生徒さんの名前を覚えるのが得意・創業当時よりの生徒の顔と名前と人となりを覚えている。

上田 敏子(ウエダ トシアーナ)

アクエアリーズ英検1級・通訳案内士・工業英検1級講座講師。バーミンガム大学院修了,日本最高峰資格「工業英検1級」「国連英検特A」優秀賞取得。

鋭い異文化洞察と芸術的鑑識眼を備えた英語教育界のワンダーウーマン。主な著書は『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』,『英語で説明する日本の文化シリーズ』で,季刊誌『ゼロからスタートEnglish』にて「ボランティア通訳ガイド入門」を連載中。

インストラクターからのメッセージ

私とアクエアリーズの出会いは,今から15年前。当時の私は英検1級B落ち、1級語彙もさっぱりの「まっさらの状態」でした。しかし、メンターのIchay学長や熱心なクラスメートに刺激を受け、7年間で英検1級、通訳案内士、国連英検特A、TOEIC満点、工業英検1級と様々な難関英語資格に合格することができました。その間、くじけそうになったこともありましたが、仲間や先輩や講師の激励とサポートによって、学長のモットーである “Let’s enjoy the process!” を実践することができました。その後、英検1級、通訳案内士、工業英検1級などの高度な対策講座を担当するチャンスに恵まれましたが、今度は、自分と同じように諦めそうになった人を励まして目標を達成する一助となれれば、この上ない幸せです。私はアクエアリーズの英検1級をはじめ各クラスの指導が本当に好きです。人生で何よりも楽しく、心からやりがいを感じています。この刺激的でやりがいのあるクラスで、皆さんと一緒に勉強し,スキルをUPさせ、さらに研鑽を積んでいくことは、人生の究極の目的であり喜びです!

ミッチー里中(サマンサ)

アクエアリーズ英検1級講師。 ビジネス会議通訳者。 LAで7年間、ビジネス通訳・翻訳業務に携わる。

大手企業でのTOEIC講座やビジネス英語指導経験も豊富で、歴史文化財の英文翻訳にも携わる。 主な著書に『発信型英語類語使い分けマップ』(ベレ出版) 、『21日で速習!社内公用語の英語の重要表現600』(明日香出版)などがある。

インストラクターからのメッセージ

「英検1級合格」を目指して英語の勉強に励んでらっしゃる皆さん。 英検1級対策勉強は大変苦しいかもしれませんが、その代わり、その学習を通して英語力は飛躍的にアップします。 いまだに世間では「英検1級など、ネイティブでも理解できない単語ばかりで、あれを勉強しても仕方がない」のように言う人がいるようですが、それはとんでもない話です。 実際、私はロサンゼルスに居た頃、生活の様々な場面で「1級語彙」に触れる機会が多くあり、感動の連続でした。 例えばドラッグストアで、「メイべリンのマスカラ」のパッケージに、 “colossal volume”(まつげ盛り盛りアップ!)が使われていたり、「アニメSouth Park」(シンプソンズに並ぶ国民的なアニメ)では、言うことを聞かない息子に父親が “You're such an incorrigible kid!” (しょうがないやつ!)のような単語がごく普通に使われていたりして、ハイレベルな語彙力は非常に有益だと痛感しました。 私が担当する1級クラスでは、英単語を覚えやすいように、実際に自分が経験したエピソードも交えたボキャビルレクチャーを行っています。 皆さんも、クラスの仲間たちと一緒に励まし合いながら共に英語学習の道を歩んで行きましょう!

山下澄子(ヤマシタ スミコ)

山下 澄子写真

アクエアリーズ横浜校英検1級&TOEIC満点突破講座を担当し、大学入試予備校で医歯薬入試対策指導を行うと同時に、英検1級・通訳案内士・TOEIC900点突破教材の執筆を行う。サウジアラビアに4年間滞在し、現地でヨガやスキューバダイビングのインストラクターを務め、英語でその講義と実践指導経験を持つ。

インストラクターからのメッセージ

アクエアリーズで英検1級講座を担当して6年になりますが、かつて私自身がその講座で一級を目指して奮闘していた頃、次々と類語やフレーズが溢れ出るダイナミックな学長の講義でボキャビルが楽しくなり、読解力、リスニング力、ライティング力数段UPを実感しました。 この喜びと充実感を皆さんにも是非味わってもらうために、アクエアリーズメソッドに自分の経験を織り交ぜながら、受講生の語彙力や背景知識力をUPさせ、読解やライティングのスキルを楽しく効果的にレベルアップできるよう明るくて刺激的なクラスを常に心がけています。 また、英語学習においても得手不得手は千差万別ですが、受講者一人一人と真剣に向き合って、常に生徒さんの立場に立った適確なアドバイスをしながら、必ず受講者全員を合格へと導いて行きたいと思います。 皆さん、充実した人生を送るために英語のスキルUPを目指して一緒に頑張りましょう!Let's enjoy the process!

小室 葉子 プロフィール

知性と教養溢れる、日本文化に精通した海外経験豊富なコスモポリタンで、欧米諸国、ブラジル、ペルー、中国、ベトナム、タヒチ、ニューカレドニア、タイなどで国際親善や通訳・翻訳業務に2年間携わる。

京都市立芸術大学美術学部で日本画を学び、茶道・華道師範という日本文化に精通したアーチスト。慶応大学経済学部を優等で卒業し、国際情勢にも明るいクロスカルチャルコミューニケーター。主な著書は『通訳案内士試験英語1次・2次直前対策』。英検1級・通訳案内士国家資格・観光英検1級取得。

インストラクターからのメッセージ

みなさんにとって、憧れの英検1級合格は目標ですか?それとも目的への通過点でしょうか。夢や希望を叶えるため、「目標」や「目的」をしっかり見据えることは、非常に大事なことです。でも、目標と目的は違います。目標とは、何かに行き着くために、またそこから外れないように目印とするものであり、目的は到達したい状態として意図し、行動を方向づけるものです。ですから、英検1級合格を目標としている人と、目的への通過点としている人では、おのずから勉強方法も違ってくるはずです。英検1級合格が目標であれば、なんとか合格点をクリアできるよう、回り道をしないで効率的に勉強するやり方もあるでしょう。でも、アクエアリーズの門を叩かれる生徒さんたちは、英検1級合格は単なる目的への通過点と考え、もっと上を目指して勉強に励んでおられる方がほとんどです。だからこそ、上質で難解なTIMEの記事読解や、負荷をかけたリスニングにも黙々と取り組んでおられるのです。そんな生徒さんを応援し、また、講師の側もインスパイアされながら、ともに高みを目指していきたいと考えています。

田中 達也(たなか たつや) プロフィール

アクエアリーズ大阪校の通訳ガイド英文&邦文試験対策講座、準1級・TOEIC800点突破講座の講師とプロ通訳ガイド養成実践プログラムインストラクターを勤めるとともに、神戸赤十字病院でもTOEIC講座講師を勤める。

ASCの通訳ガイド試験突破講座、TOEIC・準1級突破講座の教材製作を担当する。

日本の事は何でも英語で言える「日本事象の達人」で、『英語で説明する日本の文化』(語研)の共著を行なう。

さらに元一流ホテルのマネージャーやジュリアナグループの通訳・翻訳経験を活かして、現在は京都、奈良、伊勢志摩の「世界忍法武術連盟世界大会」ガイディングや、静岡の「ユニバーサル技能五輪国際大会」通訳を始めとするプロの通訳(ガイド)として活躍中。

矢島 宏紀(やじま ひろき)プロフィール

東京大学文学部英文科卒、同大学院総合文化アメリカ史修士・博士課程、コネティカット大学院歴史学修了。

英検1級、TOEIC980点、TOEFL iBT106点取得し、河合塾その他大手予備校で大学受験講座講師、大手英会話学校でTOEFL、TOEIC 講座講師を務める。

また、アクエアリーズの英検1級、TOEFL教材制作に関わり、『英語で説明する人文科学』(語研)を執筆。

インストラクターからのメッセージ

アクエアリーズでは工業英検1級や国連英検特A級といった英語最高資格対策講座を担当していますが、やる気に溢れる受講生が多く、こちらも良い刺激を受け、準備にも気合が入ります。講師として心がけているのは、その場限りの知識の伝達ではなく、応用が効く方法、一人でも調べられるコツを極力お伝えすることです。例えば、上級者になると文法の復習が疎かになる方がいますが、それだと最高級資格が要求するレベルまで実力が高まらないので、分野を問わず応用が利く文法は詳しく解説します。また難関英語資格では幅広い背景知識も重要ですので、政治から国際情勢、科学技術など、個人的な体験談も交えつつ楽しくお伝えするように心がけています。皆さまもアクエアリーズの講座で一緒に合格をつかみましょう!

劉 志国(リュウ・ジーグオ)

中国黒龍江省出身。教育大学を卒業し、3年間国語教諭を務めた後、京都教育大学に留学し、大学院教育研究科を修了。

通訳案内士国家資格(中国語)、中国語標準語検定1級、日本語能力試験1級取得。『快速マスター中国語』を執筆。

講師 田岡 千秋(たおかちあき)プロフィール

神戸女学院大学共通英語教育研究センター専任講師。英国マンチェスター大学にてM.A., Ph.D (共に言語学)を取得。

主な著書は『Pros and Cons 賛否両論の社会問題を考える』(CENGAGE Learning)、『TOEFL iBT TEST スピーキング+ライティング完全攻略』(明日香出版社)、『10日間集中TOEFL iBTテストスコア・アップ大特訓』(アスク出版)。英検1級(優良賞)、TOEIC L/R 990点満点、TOEIC S 200点 / W 200点、TOEFL iBT 116点、TOEFL ITP 677点満点、IELTS 8.5、国連英検特A級取得。2016年8月よりETS公認TOEFL Propell トレーナー。