2018/12/12発売!

16000語レベル
最強ボキャブラリービルディング
音声DL付

16000語レベル 最強ボキャブラリービルディング
著者 植田 一三(Ichy Ueda)
価格 2,400(税別)
出版 ベレ出版社

2018年12月12日発売!

Amazon.co.jpからご購入いただけます。

図柄の説明

紀元前480年前から470年製のギリシャ・アッティカ地方の赤絵式のキュリクス「ワイン用酒盃の一種」に描かれたアテーナー及びヘラクレスの絵図柄。
知恵と芸術の女神アテーナーが、ギリシャ神話最強の半神であるヘラクレスに、『知恵』の神酒ネクタルを与えていえる様子を表現している。ネクタルを味わったものは不死を得るとされる。

内容紹介

英語を真にマスターし、エンジョイするには英検語彙に出題されるような一般語彙から、アカデミック分野語彙、時事英語語彙、固有名詞、イディオム・スラング、多義語、基本動詞・句動詞、日本事象を英語で表現するための語彙・表現に至るまですべてに渡って制覇する必要があります。本書はこれ一冊で広範囲な語彙力アップを可能にするボキャブラリービルディングの決定版であり完全版です。本書はすべて問題形式でエクササイズを通して自分の語彙力を判定しながらボキャビルできるようになっています。準1級からCEFRランキングの16000語レベルの語彙までをカバーしたまさに最強の英単語の本です。無料音声ダウンロード付き。

プロローグ

お陰様で、1999年出版の「発信型英語1万語レベルスーパーボキャビル」および2008年出版の「発信型英語1万レベルスーパーボキャブラリーブラリービルディング」が大ヒットとなり、英検1級を始めとする高度な英語検定試験合格を目指す人や、タイム・エコノミストなどの英字誌やCNN・BBCなどの英語放送エンジョイを目指す人に多大な影響を与えることができました。そして2018年、その第3弾である「16000語レベル最強ボキャブラリービルディング」を刊行することとなりました。

思い起こせば、真剣に英語の勉強を始めた39年前、エズラ・ヴォーゲル著の『ジャパン・アズ・ナンバーワン』を1冊読むのに、辞書と首っ引きで約30日かかり、英語放送の理解度も2割ぐらいでしたが、3年間の勉強で語彙力が1.5万語水準以上になると、どんな洋書でもあまり辞書を引かずに10時間以内に読み終えられるようになり、英語放送の理解度も6割ぐらいにUPしました。そしてその20年後、一般語彙だけでなく、学問分野別語彙(人文・社会・自然科学語彙)から、英字誌語彙・比喩表現・新語、イディオム・スラング、基本動詞・句動詞、生活・ビジネス語彙、日本事象語彙、多義語とすべてもれなく制覇すると、1冊だいたい3時間以内で読破できるようになり、英語放送理解度も8割以上になりました。

このことは、高度な英文献や英語放送(洋画も含む)を理解したりする上で、前述のようにバランスの取れた広範囲な語彙力がいかに大切であるかを物語っています。実際、一般語彙に関していえば、英検2級・TOEIC500点レベルの5千語水準語彙力では、CNNやタイムはほとんどわからず、英検準1級・TOEIC730点レベルの7.5千語水準では一般的な読み物や放送はかなりわかっても、タイム・CNNはまだ遠いのです。そして英検1級・TOEIC900点レベルの1万語水準になって、ようやくそういった英字誌や英語放送がエンジョイでき始めますが、まだまだ苦しく、国連英検特A・GREレベルの1.5万~2万語水準になって初めてほとんど未知語がなくなり、英語文献・放送を日本語感覚で味わえるようになってきます。このように英語を習得する上でボキャビルは極めて重要なわけです。

そこで今回は、前著と違ってセクション別に検定試験にチャレンジすることによって自分の語彙力を判定(8割正解で各セクションクリア)しながら、一般語彙、学問分野別語彙、日本事象語彙、時事英語比喩表現・新語、句動詞・イディオムなどすべての分野に渡って、試合(ゲーム)感覚で一気にボキャビルできるように語彙力UPの決定版&パーフェクト版を作りました。そして、各セクションごとに、重要補足語彙や語彙力UPの特集を満載し、準1級からCEFR C2ランキングの16000語レベルの語彙までをカバーしたまさに「最強の語彙力UP本」になっています。

最後に、このパーフェクトボキャブラリービルディング本の制作に当たって多大な努力をしてくれた、アクエアリーズスタッフの田中秀樹氏(第1章執筆協力&校正)、上田敏子氏(第3章、6章執筆協力&校正)、柏本左智氏(第4章執筆協力&校正)、Michy里中氏(第7章執筆協力&校正)、大西静氏(第2章執筆協力)、小野美絵子氏(第8章執筆協力)、および、本書執筆の参考文献の母体となった著者の方々には心から感謝の意を表したいと思います。それから何よりも、私たちの努力の結晶である著書を愛読してくださる読者の皆さんには、心からお礼申し上げます。それでは明日に向かって英悟の道を

Let's enjoy the process !(陽は必ず昇る)Thank you!

植田一三(Ichay Ueda)

著者について

植田 一三(Ichay Ueda)

英語の最高峰資格8冠突破&英語教育書ライター養成校アクエアリーズ学長。
英語の百科事典を読破し、辞書数十冊を制覇し、洋画100本以上の全せりふをディクテーションするという英悟の超人(amortal philosophartist)。
ノースウェスタン大学院コミュニケーション学部修了後、テキサス大学博士課程に留学し、同大学で異文化間コミュニケーションを1年間指導。
Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)をモットーに、33年間の指導歴において、英検1級合格者を1860人以上、資格3冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC980点)突破者を300名以上育てる。

28年以上の著述歴で出版した英語学習図書60冊以上(総計150万部突破[海外翻訳含む])の10冊以上はアジア数か国で翻訳されている。