世界情勢プレゼンテーション
&ディスカッション力UP講座

どんなトピックにも対応できる論理力と知識力をUP!
2019年 4月開講(大阪)
英検一級二次試験合格対策イメージ

写真出典:Wikimedia Coomons photo by Henry Söderlund

英検1級2次試験に出題される様々な重要社会問題トピックについて見識を深め、歴史的世界的見地から重要などんなトピックでも、語彙豊富な達意の英語でコメントを述べたり、ディスカッションをできるようになるためのセミナー。英検1級2次試験の合否に関係なく参加できる講座。

IchayUedaからのメッセージ

英検1級は2016年に新傾向になってから、かつて読解やリスニングが苦手だった人が1次試験に合格しやすくなりましたが、その代わり2次試験は、合格点が以前の60点から約70点となり、トピックのレベルもUPしています。

そこで最も効果的な対策勉強は、1次試験と2次試験対策を同時に行うことで、社会問題のライティング力とスピーキング力を最大効果的に伸ばすことです。

しかし、単なる社会問題の英会話やディスカッションはなく、クリティカルシンキング力を鍛え、様々な社会問題を考察・洞察・予測し、識見を述べる力を養う必要があります。

アクエアリーズの2次対策講座では、そういったことをふまえ、ほとんどどんな社会問題に関しても即座に意見を述べられるように、毎回6~7個のトピック(英検の傾向にあわせて改定)に基づいて、インテンシブなスピーチ・Q&Aトレーニングを行います。

皆さんも一緒に是非、このプログラムで英語の発信力を数段UPしていきましょう!

Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)

植田一三 (Ichay Ueda)

新傾向英検1級2次試験は、1次試験がパスしやすくなった分、難易度が上がり、かつては60点で合格していたのが、今は70点近く取らないと合格できなくなりました。つまり、以前は準備せずに英会話の乗りで合格する人もいましたが、今は世界情勢の知識を身につけ、しっかり準備をして試験に臨まないと連続して不合格のケースも多々あるということです。

しかし、英検1級の2次試験で重要であると見なされるトピックの対策勉強をきちんとし、試験に際しては、落ち着いてトピックの変形を見抜ければ必ず合格できるはずです。そこで英検1級対策専門校であるアクエアリーズは、英語のスピーキング経験の有無にかかわらず、最短距離で2次試験合格力とアーギュメント力&様々な分野の背景知識をUPさせるプログラムを提供しています。講師は、最難関の国連英検特A(合格ラインは80点を満点で合格)と工業英検1級2次試験を、1位の優秀賞で合格した上田トシアーナと英検1級指導歴34年の英悟の超人Ichay Uedaです。

それでは皆さん、明日に向かって英悟の道を

Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)

講座の3大特長

  • 1.政治、経済・ビジネス、科学、環境、文化歴史、教育哲学、医学、ジェンダー、メディア、法制・犯罪の分野から重要なトピックを選び、そのスピーチとQ&Aトレーニングによって、2次試験合格力をUPさせる。特に政治経済は背景知識をInputし、問題対応力を鍛える。
  • 2.トピックを見てprosとconsのどちらが強いかを判断し、強いアーギュメントができるようにトレーニングする。
  • 3.challengingな質問のさばき方を指導することによって、質問対応力をUPする!

☆過去の実績!

過去27年間の実績!英検1級合格者1,500名 優秀賞受賞者20名突破!
資格三冠突破148名 TOEIC満点43名突破!
講座や教材に関するお申込み・お問合せなどはお電話フリーダイヤル、またはメールフォームをご利用ください。

通話料無料フリーダイヤル 0120-858-994(えいごはここよ)

受付時間:10:00~21:00(年末年始・お盆以外)

お問合せ・お申込みメールフォーム 24時間ご利用可能です。

アクエアリーズの最強の英検2次試験突破対策本

植田 一三(Ichay Ueda)

英語の最高峰資格8冠突破&英語教育書ライター養成校アクエアリーズ学長。
英語の百科事典を読破し、辞書数十冊を制覇し、洋画100本以上の全せりふをディクテーションするという英悟の超人(amortal philosophartist)。
ノースウェスタン大学院コミュニケーション学部修了後、テキサス大学博士課程に留学し、同大学で異文化間コミュニケーションを1年間指導。
Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る)をモットーに、33年間の指導歴において、英検1級合格者を1860人以上、資格3冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC980点)突破者を300名以上育てる。

28年以上の著述歴で出版した英語学習図書60冊以上(総計150万部突破[海外翻訳含む])の10冊以上はアジア数か国で翻訳されている。

上田 敏子(ウエダ トシアーナ)

アクエアリーズ英検1級・通訳案内士・工業英検1級講座講師。バーミンガム大学院修了,日本最高峰資格「工業英検1級」「国連英検特A」優秀賞取得。

鋭い異文化洞察と芸術的鑑識眼を備えた英語教育界のワンダーウーマン。主な著書は『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』,『英語で説明する日本の文化シリーズ』で,季刊誌『ゼロからスタートEnglish』にて「ボランティア通訳ガイド入門」を連載中。

インストラクターからのメッセージ

私とアクエアリーズの出会いは,今から15年前。当時の私は英検1級B落ち、1級語彙もさっぱりの「まっさらの状態」でした。しかし、メンターのIchay学長や熱心なクラスメートに刺激を受け、7年間で英検1級、通訳案内士、国連英検特A、TOEIC満点、工業英検1級と様々な難関英語資格に合格することができました。その間、くじけそうになったこともありましたが、仲間や先輩や講師の激励とサポートによって、学長のモットーである “Let’s enjoy the process!” を実践することができました。その後、英検1級、通訳案内士、工業英検1級などの高度な対策講座を担当するチャンスに恵まれましたが、今度は、自分と同じように諦めそうになった人を励まして目標を達成する一助となれれば、この上ない幸せです。私はアクエアリーズの英検1級をはじめ各クラスの指導が本当に好きです。人生で何よりも楽しく、心からやりがいを感じています。この刺激的でやりがいのあるクラスで、皆さんと一緒に勉強し,スキルをUPさせ、さらに研鑽を積んでいくことは、人生の究極の目的であり喜びです!

ミッチー里中(サマンサ)

アクエアリーズ英検1級講師。 ビジネス会議通訳者。 LAで7年間、ビジネス通訳・翻訳業務に携わる。

大手企業でのTOEIC講座やビジネス英語指導経験も豊富で、歴史文化財の英文翻訳にも携わる。 主な著書に『発信型英語類語使い分けマップ』(ベレ出版) 、『21日で速習!社内公用語の英語の重要表現600』(明日香出版)などがある。

インストラクターからのメッセージ

「英検1級合格」を目指して英語の勉強に励んでらっしゃる皆さん。 英検1級対策勉強は大変苦しいかもしれませんが、その代わり、その学習を通して英語力は飛躍的にアップします。 いまだに世間では「英検1級など、ネイティブでも理解できない単語ばかりで、あれを勉強しても仕方がない」のように言う人がいるようですが、それはとんでもない話です。 実際、私はロサンゼルスに居た頃、生活の様々な場面で「1級語彙」に触れる機会が多くあり、感動の連続でした。 例えばドラッグストアで、「メイべリンのマスカラ」のパッケージに、 “colossal volume”(まつげ盛り盛りアップ!)が使われていたり、「アニメSouth Park」(シンプソンズに並ぶ国民的なアニメ)では、言うことを聞かない息子に父親が “You're such an incorrigible kid!” (しょうがないやつ!)のような単語がごく普通に使われていたりして、ハイレベルな語彙力は非常に有益だと痛感しました。 私が担当する1級クラスでは、英単語を覚えやすいように、実際に自分が経験したエピソードも交えたボキャビルレクチャーを行っています。 皆さんも、クラスの仲間たちと一緒に励まし合いながら共に英語学習の道を歩んで行きましょう!

矢島 宏紀(やじま ひろき)プロフィール

東京大学文学部英文科卒、同大学院総合文化アメリカ史修士・博士課程、コネティカット大学院歴史学修了。

英検1級、TOEIC980点、TOEFL iBT106点取得し、河合塾その他大手予備校で大学受験講座講師、大手英会話学校でTOEFL、TOEIC 講座講師を務める。

また、アクエアリーズの英検1級、TOEFL教材制作に関わり、『英語で説明する人文科学』(語研)を執筆。

インストラクターからのメッセージ

アクエアリーズでは工業英検1級や国連英検特A級といった英語最高資格対策講座を担当していますが、やる気に溢れる受講生が多く、こちらも良い刺激を受け、準備にも気合が入ります。講師として心がけているのは、その場限りの知識の伝達ではなく、応用が効く方法、一人でも調べられるコツを極力お伝えすることです。例えば、上級者になると文法の復習が疎かになる方がいますが、それだと最高級資格が要求するレベルまで実力が高まらないので、分野を問わず応用が利く文法は詳しく解説します。また難関英語資格では幅広い背景知識も重要ですので、政治から国際情勢、科学技術など、個人的な体験談も交えつつ楽しくお伝えするように心がけています。皆さまもアクエアリーズの講座で一緒に合格をつかみましょう!

小室 葉子 プロフィール

知性と教養溢れる、日本文化に精通した海外経験豊富なコスモポリタンで、欧米諸国、ブラジル、ペルー、中国、ベトナム、タヒチ、ニューカレドニア、タイなどで国際親善や通訳・翻訳業務に2年間携わる。

京都市立芸術大学美術学部で日本画を学び、茶道・華道師範という日本文化に精通したアーチスト。慶応大学経済学部を優等で卒業し、国際情勢にも明るいクロスカルチャルコミューニケーター。主な著書は『通訳案内士試験英語1次・2次直前対策』。英検1級・通訳案内士国家資格・観光英検1級取得。

インストラクターからのメッセージ

みなさんにとって、憧れの英検1級合格は目標ですか?それとも目的への通過点でしょうか。夢や希望を叶えるため、「目標」や「目的」をしっかり見据えることは、非常に大事なことです。でも、目標と目的は違います。目標とは、何かに行き着くために、またそこから外れないように目印とするものであり、目的は到達したい状態として意図し、行動を方向づけるものです。ですから、英検1級合格を目標としている人と、目的への通過点としている人では、おのずから勉強方法も違ってくるはずです。英検1級合格が目標であれば、なんとか合格点をクリアできるよう、回り道をしないで効率的に勉強するやり方もあるでしょう。でも、アクエアリーズの門を叩かれる生徒さんたちは、英検1級合格は単なる目的への通過点と考え、もっと上を目指して勉強に励んでおられる方がほとんどです。だからこそ、上質で難解なTIMEの記事読解や、負荷をかけたリスニングにも黙々と取り組んでおられるのです。そんな生徒さんを応援し、また、講師の側もインスパイアされながら、ともに高みを目指していきたいと考えています。